カタツムリクリーム効果検証(19):注意が必要なケース - カタツムリクリーム 韓国 効果

カタツムリクリーム効果検証(19):注意が必要なケース

カタツムリクリームでできものや虫刺されがきれいに早く治る例を示した。

http://katatsumuri101.seesaa.net/article/223091538.html

ところがうまく行かないケースというものもある。

腕にできたできものを治した例である。

20110720-1s-2.jpg

かさぶた状態で、そこにカタツムリクリームを塗ると、かさぶたをコーティングしてしまうようである。

その後かさぶたを取り除いたのだが、取り切れなかったようだ。

20110726-1s20s-2.jpg

その後も一向に治らない。

20110810-2-2.jpg

腕にほくろができた状態になる。

別に腕なので困らないが、顔とかだと厄介である。

おそらく、カタツムリクリームはコーティングする力が極めて強いが、中を治す力はないのではなかろうか。

今回のようにかさぶたを残した状態でコーティングすることは絶対やめた方がいいだろう。

だから、切り傷やあかぎれなどには効果を示すと思われる。

なお、こちらの実験には、元祖チリのエリシーナ プラスを使っている。

アマゾンは送料無料




楽天は送料別



ほぼこの二つが最も安く、楽天では時々タイムセールで安値が出ることがある。

今はない。

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。