効果検証(16):カタツムリクリームでの傷の治り方 - カタツムリクリーム 韓国 効果

効果検証(16):カタツムリクリームでの傷の治り方

前回までにお話ししたように、カタツムリクリームで傷口を治す場合、かさぶたがある状況でカタツムリクリームを塗ると、かさぶたがコーティングされ、かさぶたが長いこと残ります。

そこで、傷口を治す場合、かさぶたを取って、カタツムリクリームを塗ります。

すると、1日か2日であっという間に傷口がコーティングされます。

しかし、カタツムリクリームは中を治す効果は小さいようですので、中は自然治癒力で治るまでに結構時間がかかります。

ただし、カタツムリクリームを塗っておけば、バンドエイドなどで傷口を覆う必要がなく、黴菌が入らないというメリットがあります。

ただし、トータルの感知するまでの時間は、バンドエイドなどと変わらないかもしれません。


かさぶたをとってから12日後の様子です。

20110810-2.jpg

取ったときはこちら。

http://katatsumuri101.seesaa.net/article/217346362.html

この効果検証に使っているカタツムリクリームはチリのエリシーナ プラスです。

アマゾンと楽天の最安値品です。アマゾンは送料込みで、楽天は別です。

たまーに楽天ではタイムセールでもっと安い商品が出ることもあります。






ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。